sundaysoundtrack

7月25日、26日のサボテンの花

7月25日、26日のサボテンの花。たぶん今年咲く花としては最後になるかな。

7月25日の分。

サボテン 2009-7-25

サボテン 2009-7-25

7月26日の分。

サボテン 2009-7-26

サボテン 2009-7-26

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > サボテン

恵比寿の「農家の台所」に行ってきた

農家の台所

7月25日は特別な日だったので、相方さんが行きたいという恵比寿の「農家の台所」に行ってきた。契約農家からの朝採れ新鮮野菜が食べられるお店だそうで、いっぱい野菜を食べてきた。

相方さんは鶏と野菜のタジンとサラダバー、僕は豚のステーキ御膳とサラダバー。豚のステーキはカリッと焼かれてて、上に乗せるソース(というか野菜だな)と一緒に食べるとおいしい。ゴボウのショウガ焼きだっけ、それがおいしかった。

サラダバーではいろいろ変わったものが食べられて、すごくみずみずしいナスとか(生で食べたのは初めてかなあ)、マッシュルームとかエノキダケとか(これも生は初めて)、野菜も新鮮だし、食べるのも楽しい。あと「野菜をいっぱい食べてる」という充実感。

結構並んでるので、早い目に行った方がいいかと。

店内に、契約農家の方々の写真が選挙ポスターを模して貼られていて、ちょっと笑った。

おいしい有機・無農薬・減農薬野菜などのレストラン|農家の台所くにたちファーム

採点:★★★★★
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > 東京めぐり

つじあやの『つじギフト』

ナタリー - つじあやの、10年分の感謝を込めた贈り物「つじギフト」

これまでいろんな人と競演した曲やオムニバスに入ってた曲やCD未収録だった曲が、とりあえずひとまとめになるのかな。斉藤和義の「寒い冬だから」のカバーも収録されるし、「calling」も収録か。「風になる」のアコースティックバージョンって、ローソンで配られてたやつかな。

まあ、これまで1曲のためにそのオムニバスアルバムを買ったりしたのが水の泡になったりするわけで(笑)。

つじあやの『つじギフト〜10th Anniversary BEST〜』 (Amazon.co.jp)

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > つじあやの

サイモン&ガーファンクル@東京ドーム(7月11日)

サイモン&ガーファンクル@東京ドーム

7月11日、サイモン&ガーファンクルの日本公演、東京ドームでのライブを見に行ってきた。感動というよりも、ものすごくよかった。笑っちゃうけどもう途中から半分泣きながら鼻水すすりながら見てた。

行く途中の電車の中で、Yahoo!ブログ検索で前日の東京ドーム公演の感想を読んでたら、読んでるだけでウルウルきてしまった。東京ドームに集まってる人たちは非常に年齢層高め。50歳代が中心ですかね。僕と相方さんでも十分若い部類。グッズ売り場はすごい人だかりで、別のところでパンフレットを買ったから、Tシャツはもういいやと買わず。

なんかね、席で待ってて始まる前すっごい緊張して、17時15分頃に客電が落ちて映像が始まって、過去からの歴史を振り返って東京ドームの映像になって舞台からふたりが登場してくるともうその時点でグッときてた。

セットリストも、2003年の時のツアーと大きく変わってないし、事前にニュージーランドとオーストラリアのセットリストも調べてたから、2曲目が「冬の散歩道」で3曲目が「アイ・アム・ア・ロック」で、その次は「アメリカ」なんよね、とわかっていても、「アメリカ」の歌い出しの時点で涙腺がもう限界のような感じ。目の前で歌われるとあかんね。ふたりの声も全然衰えてない。

「Hey Schoolgirl」からの流れで、エバリー・ブラザーズのバージョンのカバーで「Be-Bop-A-Lula」をやったり、「ミセス・ロビンソン」の曲中に(これもたぶんエバリー・ブラザーズのバージョンで)「Not Fade Away」を入れたり。「Not Fade Away」にはちょっとびっくり。こういうの楽しい。

あとやっぱりみんな、ギターのイントロとか、歌い出しで大歓声になる。

中盤は、アート・ガーファンクルとポール・サイモンがそれぞれのソロの曲をソロで演奏。3曲ずつはちょっと多いかなあ。アートの「Perfect Moment」という曲はたぶんほとんどの人は知らないと思うし。でも、ポールの「時の流れに」は予想してなくて、うかつにもここでウルウルしてしまった。「グレイスランド」もそうだけど、この2曲は日本公演からのセットリスト変更かな?

でふたりに戻って「ニューヨークの少年」。ここからの流れは2003年のツアーと大きく変わってないので、「ああ、来るよ来るよ」と思いながら聴いてた。見てた。「マイ・リトル・タウン」でもう「ああ次だよ」ともうまともに聴けたもんじゃない。この時点で結構顔はぐしゃぐしゃ。ドラマチックな感じで盛り上げて、そのまま「明日に架ける橋」のイントロになだれ込んで、もうわかってるんだけど、ああ来たよ、という感じ。みんな大歓声。確かアートは歌い出しのタイミングを間違えてたと思うけど、そんなこと気にならないくらい。1番はアート、2番はポールがソウルフルに、3番をふたりで、で最後に見事にアートが歌い上げてくれて、ものすごい大盛り上がりで本編終了。いろんなものがこみ上げてそんな状態で聴いてた感じ。

アンコールは、あれそういやまだ何やってなかったっけ、「サウンド・オブ・サイレンス」はまだだけど、と素でそんな感じ。もうその後はイントロから歌い出しからみんな大歓声。

2回目のアンコール。一番最後の曲が「セシリア」。すごくハッピー。こういうフィナーレは素敵。大団円のエンディング。湿っぽくなくて、すごく明るい気分。メンバー紹介をして、また再び「セシリア」をはじめて、踊ってる人もいた。僕らはスタンドの2階席というすごく遠い席だったけど、もっと前の方の席だったら間違いなく踊ってた。

もうね、大満足なんてもんじゃないね。やっと見れたし、たぶんもうこのふたり揃ってで見ることはもうかなりむずかしいんだろうなと思うと、もうひとことじゃ片付けられない。

だってねえ、今年で36歳で、たぶん東京ドームにいた中では若い方の人間なんだけど、中学1年の時に一番最初に買ったCDがサイモン&ガーファンクルなんよ。ポール・サイモンが大好きなんよ。亡くなったおじいちゃんが、ポール・サイモンのベスト盤『Negotiations & Love Songs』のジャケットのポールの顔とそっくりなんよ。

もうね、ポールのソロのライブも行ったことなかったからね、会えてうれしかったんよ。

---

ところで、かなりの数のテレビカメラが入ってたように思う。大型ビジョンの映像は結構計算された構図の絵が多かった感じなので、主催か後援のテレビ局が放送してくれるのか知らん。

セットリスト

  1. Old Friends / Bookends
  2. A Hazy Shade Of Winter
  3. I Am A Rock
  4. America
  5. Kathy's Song
  6. Hey Schoolgirl
  7. Be-Bop-A-Lula
  8. Scarborough Fair
  9. Homeward Bound
  10. Mrs. Robinson / Not Fade Away
  11. Slip Slidin' Away
  12. El Condor Pasa
  13. Bright Eyes
  14. A Heart In New York
  15. Perfect Moment
  16. The Boy In The Bubble
  17. Graceland
  18. Still Crazy After All These Years
  19. The Only Living Boy In New York
  20. My Little Town
  21. Bridge Over Troubled Water
  22. The Sound Of Silence
  23. The Boxer
  24. Leaves That Are Green
  25. Cecilia
  26. Cecilia (reprise)

---

Old Friends Live On StageOld Friends Live On Stage (Deluxe Edition) (2 CD/1 DVD)
Simon & Garfunkel
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (4) | trackbacks (0) | category: 音楽

7月12日のサボテンの花

7月12日のサボテンの花。昨日のつぼみではまだ咲かないと思っていたら、今日の昼にはきれいに咲いていた。今回のは赤色がちょっと強い感じ。

サボテン 2009-7-12

サボテン 2009-7-12

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > サボテン

7月11日のサボテン

7月11日のサボテン。次の子が大きくなってきた。その下にいつのまにか第4陣の子が。

サボテン 2009-7-11

サボテン 2009-7-11

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > サボテン

Paul McCartneyの次のアメリカツアーで新しく取り上げられる曲をまた妄想してみる

Paul McCartneyがアメリカで小さいツアー?をやるというので、新しく取り上げられる曲をまた妄想してみた。

で、妄想してみたら、4年前の妄想とほとんど変わってなかった(4年前の妄想)。はは。ビートルズの曲ではこんなところ。「Long Tall Sally」なら大騒ぎするんだけどな。

  • Oh Darling
  • Your Mother Should Know
  • Martha My Dear
  • I'm Looking Through You
  • Long Tall Sally

あと、まったく同じことを書くけど、次の3曲やってくれないかなあ。

  • Venus And Mars / Rock Show
  • Getting Closer
  • No More Lonely Nights

でもまあたぶん、今回は新しい曲はないだろうね。『Memory Almost Full』からの曲と、The Fireman名義の曲をやるんだろうな。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles