sundaysoundtrack

つばめKITCHENに行ってきた

つばめキッチン

つばめKITCHEN(丸ノ内店)に行ってきた。丸の内オアゾの5階。東京に来て初めてつばめグリルのお店に入った。つばめグリルってつばめキッチンという看板のお店もあるんやね。

予想していた以上に、料理もサービスも素敵だった。頼んだのは、ソーセージの盛り合わせ、スモークサーモンのサラダ、豚豆のコロッケ、ポテトと牛肉のスウェーデン風?とかいうやつ。どれもこれもうまかった。ものすごく。すこぶる満足。

関西にはつばめグリルのお店がないので、一度入ってみたいと思ってた店。ソーセージが食べたかったので今回は頼まなかったけど、今度はハンブルグステーキを頼もう(ハンバーグじゃないよ)。

つばめグリル

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > 東京めぐり

田原町駅付近の「仏壇通り」は仏壇屋さんがいっぱい

仏壇通り

かっぱ橋道具街に行くときに田原町駅で降りて相方さんが気がついたんだけど、仏壇屋さんが見事に並んでた。この浅草通りは通称「仏壇通り」とか呼ばれてるらしい。

すごい年季の入ったかっこいい建物もある。難波仏具店さん。

台東区寿の仏壇屋さん

この辺の地名は「寿」らしい。いいね。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > 東京めぐり

かっぱ橋道具街に行ってきた

土曜日、かっぱ橋道具街に行ってきた。正式には合羽橋道具街。大阪で言うところの千日前道具屋筋商店街みたいなところ。こっちの方が規模が大きい。

かっぱ橋道具街

ニイミのこの看板がどーん。

090308 かっぱ橋道具街

「かっぱ河太郎」の像があった。お供えにキュウリ5本ぐらいとペットボトルの水が置いてあって笑った。

特に目的もなくここにやってきたので、ウインドウショッピングのつもりだったけど、相方さんは結局2つほど購入。製菓用の何かと、小麦粉を入れるやつ。

結構楽しいところです。興味ない人には楽しくないかもしれないけど。

『かっぱ橋道具街』

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > 東京めぐり

Paul McCartney - Amoeba's Secret

Paul McCartney - Amoeba's Secret

ポール・マッカートニーのライブEP『Amoeba's Secret』のCD。12インチ盤は2007年12月らしい。すぐに売り切れて入手できなくなってたと思う。グラミー賞ノミネート効果で、Hear MusicからめでたくCD発売。

実物が届いて、結構びっくりしたね。いやあ、ジャケット写真がね。ひどいとは聞いてたけど、まあ素敵にひどいね(いろんな意味を込めて)。

上の写真はすごく粗く見えるけど、いやいやジャケット写真が粗いです。画素数がものすごく少ない大昔のデジカメで撮ったような写真。まあ、そういう画像処理してるんですけど。

紙ジャケとは名ばかりのペラペラの紙で海賊盤仕様という形で割り切ってやってる感があるけど、でもこれ、日本盤も出すんでしょ? 普通の人が買うとは思えないし、マニア以外に買いようのないもんなんだから、手をかけて日本盤出さなくていいのに。内容も中途半端なんだから。

収録曲は「Only Mama Knows」「C Moon」「That Was Me」「I Saw Her Standing There」の4曲。「Only Mama Knows」「That Was Me」の2曲は、シングル『Ever Present Past』のカップリングで発表済みなので、デジタルな音源になったものは2曲。まあ、かっこいいんだけどね。でもこの人、「C Moon」好きだなあ。

ていうか、音源あるんやから、ライブアルバムで出してよ。

Amoeba's SecretAmoeba's Secret
Paul McCartney
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles

Eddi Reader - The Songs of Robert Burns Deluxe Edition

Eddi Reader - The Songs of Robert Burns Deluxe Edition

エディ・リーダーの『Sings The Songs Of Robert Burns』のデラックス・エディション。たかだか5年ぐらい前のアルバムなのにデラックスなんて、とはいうものの、Robert Burnsの生誕250周年記念とのことで、元々のUK盤に7曲追加して、ジャケットもタイトルもちょっと変えて発売。なんだかんだと、『Sings ...』のUK盤、日本盤も買ってるので、このアルバムを買うのは3度目か。やれやれ。

7曲追加とあるけど、1曲は日本盤のボーナストラックになっていたもの、3曲は次のアルバム『Peacetime』収録曲なので、純粋な未発表曲というか新曲は3曲。

「Comin' Through The Rye」ってこの曲なのね。知ってたわ。サントリー烏龍茶のCMで「茶林」という曲名で使われてた。日本語のタイトルは「ライ麦畑で出逢ったら」だそうな。

ということで、キラキラコロコロ、でもちょっと根っこはしっかり生えてるという感じで、このアルバム好きです。

あと、このアルバムの素敵なストリングス(The Royal Scottish National Orchestra)を指揮したKevin McCraeは、2005年に亡くなられているそうです。44歳って。R.I.P.

日本のアマゾンではなぜか取り扱ってなくて(下に追記。取り扱うようになった)、HMVか、Amazon.co.ukとかでどうぞ。Amazon.co.ukなら視聴できます。どっちも、CDのタイトルが『Sings The Songs Of Robert Burns - Expanded』になってるけど。

Sings The Songs Of Robert Burns - Expanded: Eddi Reader: Amazon.co.uk: Music

ニューアルバム『Love Is The Way』が2009年4月13日発売、のカードが入ってた。Myspaceでも少し聴けるけど、楽しみ。

2009年4月25日追記。アマゾンでいつのまにか取り扱ってた。タイトルが違うようだけど、収録曲とジャケットがあってるからたぶんあってると思う。

B001KVW59WSings the Songs of Robert Burns
Eddi Reader
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > Eddi Reader