sundaysoundtrack

カーペンターズのトリビュート盤『イエスタデイ・ワンス・モア - Tribute To The Carpenters』

B001PBQL9C

日本人アーティストによるカーペンターズのトリビュート・アルバム『イエスタデイ・ワンス・モア - Tribute To The Carpenters』。タワレコのポイントがたまったので買った。

新宿のタワレコでものすごく探したにもかかわらず探し出せなかったので、結局店員さんにお願いした。参加している鬼束ちひろのところにもオムニバスのコーナーにもなくて、新譜が並んでるところにもなかったらわかりっこない。

ジャケットがねえ、笑える。素敵やけどね。

聴いていたら、ものすごくみんな普通にカバーしてる。演奏もものすごく丁寧にコピー。歌もなんだかみんなカレンさん。なんだこの予定調和的な感じ、と思ってライナーノーツを読むと納得。

特にカーペンターズの曲はカバー曲が多いので、オリジナルにとことんこだわるというのが僕と根岸のテーマだ。ある意味コピーバンドになってしまってもよいのだ。あまりにスタンダードになってしまっているので、現代風にアレンジされてしまうとカーペンターズで聴き慣れた数々の作品ではなくなり、カーペンターズの曲として聞こえなくなってしまうのだ。あくまでこれはカーペンターズ・トリビュート。サウンドにもこだわりたいのだ。だから半分ぐらいの曲はかなり完璧なコピーをした。僕らの手を外れている曲も基本的にはオリジナルを生かしたアレンジにとお願いした。

門倉聡(ライナーノーツより)

うん、ものすごくコピーしている。「Only Yesterday」の「え、もうフェードアウトしちゃうの」というところまでコピーしてる。おもしろいかおもしろくないかはともかく、趣旨はわかるし、そうしたくなる気持ちもわかった。

でも、ちょっと正直な気持ち、たぶんあんまり聴かないな、とも思った。悪いけど、これなら本物のカーペンターズ聴くもん。

男の人が歌うとやっぱ雰囲気変わるなと思ったMONKEY MAJIKの「Rainy Days And Mondays」と、あとアルバムの中で完全に我が道を行く感じであいかわらず突っ走ってたBEAT CRUSADERSの「Solitaire」、あとYa-Kawlという人の「I Won't Last A Day Without You」がよかった。Ya-Kawlのは亀田誠治がアレンジしてて、この人だとやっぱりバンドっぽい。

つじあやの嬢の「Close To You」は、まんまコピーなんだけど、ちゃんとカレン・カーペンターだった。この人、いつのまにか歌がうまくなってるね、といったら失礼か。たしかずいぶん前にボーカル・トレーニング受けてるようなことを読んだことがあるし、アルバムやライブでも「歌うまくなったなあ」と思うことが多かったので不思議じゃないんだけど、こういうアルバムでちゃんとボーカリストとして呼んでもらっているということに、なんだかちょっとだけ不思議な感じ。ウクレレは今回は弾いてないよ。

B001PBQL9Cイエスタデイ・ワンス・モア〜Tribute To The Carpenters
オムニバス
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (2) | trackbacks (0) | category: 音楽 > つじあやの

Eddi Reader - Love Is The Way

遂に出ますよ、エディ・リーダーの新しいアルバム『Love Is The Way』。4月13日。Amazon.co.jpにもやっとこさ商品情報が出たので、即カート入れ、即買い。MySpaceでも新しいアルバムから何曲かが試聴できます。ジャケットがいつもと少し趣が違うけど、きれい。

追記。聴きました。
Eddi Readerの『Love Is The Way』は名作だと思う
追記ここまで。

B001KVW59MLove Is the Way
Eddi Reader
Amazon.co.jpで詳しく見る

あと、いつのまにか『The Songs of Robert Burns Deluxe Edition』もアマゾンで取り扱ってた。『Sings The Songs Of Robert Burns』のデラックス・エディション

B001KVW59WSings the Songs of Robert Burns
Eddi Reader
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > Eddi Reader

ブッダマシーン(Buddha Machine)がほしい

Buddha Machine

フリーペーパー「metro min.(メトロミニッツ)」の4月号に載っていた「ブッダマシーン(Buddha Machine)」がほしい。すごくチープな感じが漂うループ音楽再生機だけど、なんかすごくほしい。だって、ブッダやよ、仏陀。ミュージックプレイヤーの中にブッダがいるんよ。電車の中で本を読むのにぴったりのような気がする。「Buddha Machine 2.0」の色よりも、その前の世代のカラフルのがいい。

それはそうと、「metro min.(メトロミニッツ)」を久々に読めてうれしい。やっぱりこのフリーペーパーは内容がいいね。ちゃんとしてる。何度も書くけど、ちょっと「meets」みたい。

Buddha Machine (Amazon.co.jpで詳しく見る)

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 雑記

ジェイク・シマブクロのビートルズ・カバーアルバム『アクロス・ザ・ユニバース』を聴いた

ジェイク・シマブクロ アクロス・ザ・ユニバース

ジェイク・シマブクロ(Jake Shimabukuro)のビートルズ・カバーアルバム『アクロス・ザ・ユニバース(Across The Universe)』を聴いた。初回限定のDVD付きだったので、真っ先にDVDから見たけど。この数日は毎朝通勤時に聴いてる。

「While My Guitar」と「In My Life」は昔のアルバムからの音源(「While My Guitar」はアルバム『Gently Weeps』のソロ・バージョンね)。それ以外は新しい録音かな。いいねいいねいいね。1曲目の「Across The Universe」ではゲストボーカルがシンディ・ローパー(Cyndi Lauper)。こういうつながりイイね。ジェイクは「Time After Time」をカバーしているし。

で、上の写真は、CDのパッケージを覆ってたビニールに付いていたPR用のシールだけど、ジョージ・ハリスンの奥さんのオリビアからのメッセージなんよね。これをなんでブックレットにちゃんと入れないんかなあ。ものすごく素敵なことだと思うし、9割捨てられてしまうものにこんな大事なメッセージを載せたらもったいないと思う。ジェイクはこのメッセージはものすごく嬉しかったと思うし。仮にジョージ・ハリスンが生きていてジェイクの「While My Guitar」を聴いていたらと思うと、きっとものすごく喜んだだろうなあとか聴けなくて残念だなあとか、いろいろ思ったりする。

いいアルバム。

B001QL34VYアクロス・ザ・ユニバース(初回生産限定盤)(DVD付)
ジェイク・シマブクロ
Amazon.co.jpで詳しく見る

B001QL34W8アクロス・ザ・ユニバース
ジェイク・シマブクロ
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles

銀座の「ミエル」の焼きドーナツ

ミエル

銀座プランタンの地下のミエルというところの焼きドーナツを買いに。

ミエル 焼きドーナツ

結構和風なドーナツがいくつかあった。僕はプレーンとチョコクランチ?だったっけ。相方さんは焼き芋ときなこ。

ミエル

トースターで5分ぐらい温めてということだったので、温めてから食す。うーん、ドーナツというより、ドーナツの形をした焼き菓子という感じ。トースターで温めたのでカリッとしてるけどね。飲み物がないとちょっときついかも。ということで、★3つ。

あ、↓行ったのは本店じゃなくてプランタンの地下だけど、まあいいや。

採点:★★★
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常

テオ・ヤンセン展での動くアニマルを見てきた

テオ・ヤンセン展

日比谷までテオ・ヤンセン展に行ってきた。何かのフリーペーパーで見て、ああこれは見たいなあと久しぶりに思ったもの。なんでもプラスティックチューブで作った巨大な作品(アニマル)がワサワサと動くらしい。

テオ・ヤンセン展のアニマル

1時間おきにデモンストレーションをやっていて、到着したらうまいことデモンストレーションが始まる時間だった。このでかいアニマルさんが、ワサワサと動く。

だいたい43秒あたりから。

YouTube - Theo Jansen's beach animals テオ・ヤンセン展 動くアニマル

結構すごい。基本的には風で動くらしいけど、このアニマルは風がなくても風をペットボトルに蓄えて(ん?あんまりよくわかってない)、それで動いてるとか。自分の意志では動けないけど、「右はこれ以上行けないから左に行く」とかはできるらしい。

参加者が動かせるアニマルもいた。僕はやらなかったけど、動かすより見てる方が楽しい。宮崎駿のアニメにに出てきそうな感じ。

YouTube - Theo Jansen's beach animals テオ・ヤンセン展 動くアニマル 2

4月12日までやってます。

テオ・ヤンセン展 | SPECIAL EVENT | 「日比谷パティオ」 ヒビアカリ(HIBIY-AKARI)プロジェクト

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常

フリージア(2009年3月21日)

3月21日のフリージア。この日は晴れて、さらにいくつか咲いた。

フリージア

フリージア

フリージア

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常