sundaysoundtrack

Roger Nichols & the Small Circle of Friends / Full Circle を聴いて

期待したり、いや期待するのはちょっとやめておこうかなと思ったりしたRoger Nichols & the Small Circle of Friendsの40年ぶりの新譜。

いいですよ。すっごく。

なんかもう、これ以上に言葉がないというか、コーラスワークはまったく「それ」でした。それ以上に何を求める? 音はほんのちょっとだけソフィスティケートされた感はあるけれど、まあそれぐらいはいいかな、と。日曜日の午前にAmazonから届いて、こんなのが聴けると思ってなかった。ありがとう。

持ち込み企画で、いまのところ日本のみのリリースっぽい。これ、正真正銘のセカンド・アルバムです。

関連エントリー記事:
The Parade / Sunshine Girl: The Complete Recordings

permalink | - | trackbacks (0) | category: 音楽

つじあやの / Sweet, Sweet Happy Birthday

初回限定盤『(秘)メガヌード』パッケージの実物を見て正直思わず笑ってしまった、つじあやの嬢の新譜『Sweet, Sweet Happy Birthday』。とてもいいです。『春は遠き夢の果てに』『春蜜柑』の頃をちょっとだけ思い出させるのは、弾き語りを主体にした曲が幾つか並んでいるのと、久しぶりに「い」の発音が「ひ」に聞こえたりしたからかもしれない。2曲目「Sweet Happy Birthday」は、ライブで一回聞いたことがあるけれど、すごく重みのある曲になっていてどっしりと座っていてそれはそれでびびった。

すごい個人的には、『COVER GIRL』からの作品は(作り込んだ曲なんか特に)ちょっと違和感があったりしてて、『CALENDAR CALENDAR』とか「そばにいるから」とか、ポップ・ミュージックとしては良質なんだけど、別につじあやのにそこまでは求めてないよなあとか、もう勝手な思いを持ってたりしたけど、『Sweet, Sweet Happy Birthday』はいいところで踏みとどまってくれた感じ。ありがとう。僕好みです。

あと、ライブで既に披露していた曲も多かったり、ミニアルバムや既発のシングル曲が入っていたりで、『CALENDAR CALENDAR』とは全然違ったニュアンスで「ベスト盤ですか?」と思ったりもした。『恋恋風歌』以来、やっと来ましたよ、みたいな。

ええと、ひとりごとですよ。

ところで、「つじあやの、「ケロロ軍曹」主題歌でBEAT CRUSADERSとコラボ」というニュースのBEAT CRUSADERS仕様の写真に笑ってもうた。

permalink | comments (0) | trackbacks (1) | category: 音楽 > つじあやの

Roger Nichols & the Small Circle of Friends / Full Circle

ロジャー・ニコルス&スモール・サークル・オブ・フレンズの!なんと新譜だとか。伝えられるタイトルは『フル・サークル』。12月19日発売。

今作には、オリジナル・メンバーであるマレイ&メリンダ・マクレオド兄妹も参加。名曲「The Drifter」の新録をはじめ、ロジャー・ニコルスがカーペンターズなどのアーティストに提供した楽曲のセルフ・カヴァーのほか、ポール・ウィリアムスとの30数年ぶりの共作となる新曲も収録されています。

CDJournal.com - ニュース - ソフト・ロックの代表格、ロジャー・ニコルス&スモール・サークル・オブ・フレンズの40年ぶりの新作!

ええもう、Paul Williamsとかそのへんも大好きなので、期待せず待ってますよ! 期待せず待ってますよ! 期待せず待ってますよ!

そういや、Roger Nichols & Paul Williams のデモテープをまとめたアルバム『We've Only Just Begun / 愛のプレリュード』というのがあるのですが、「限定盤」と銘打ちながらまだ売っているようです。こちらももだえるぐらい素敵な内容なので、知らない人はぜひ。

関連エントリー記事:
The Parade / Sunshine Girl: The Complete Recordings
Roger Nichols & the Small Circle of Friends / Full Circle を聴いて

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽
1