sundaysoundtrack

Crowded House(クラウデッド・ハウス)が再結成

音楽サイト BARKS - Crowded House : クラウデッド・ハウス、再結成

だそうですよ。どことなく執拗系ポップ・ミュージック的な感じがひそかに好きだったんですが(えーと、そんな言葉はないです)、ティム兄さんは参加しないものの、再結成だそうです。

「Don't Dream It's Over」がやはり一番有名だけど、僕は『Woodface』というアルバムが好き。あ、これはティム・フィンが参加してるやつだ。ふたりでボーカルとってるので、結構ビートルズっぽい。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

Eddi Reader 来日公演 in 2007

ちょっと前にIさんからタレコミがあったのですが、mixiでトピック立ててらっしゃったので、もういいでしょう。Eddi Reader(エディ・リーダー)の来日公演が決まったかも?というニュース。

2007/5/22
Club Quatro Tokyo(渋谷クラブクアトロ)
2007/5/23
Club Quatro Osaka(心斎橋クラブクアトロ)
2007/5/24
Club Quatro Nagoya(名古屋クラブクアトロ)
2007/5/26
Liquid Room Tokyo(恵比寿リキッドルーム)
www.myspace.com/boohewerdine

Boo Hewerdine が5月に日本に来ると MySpace に。ん? Boo Hewerdineが単独で4日も? んなわけないでしょ。ほら、Eddi さんも来るんでしょ。

わくわく。5/26は土曜日なので争奪戦か(もう争奪戦もないよな)。ニューアルバム『Peacetime』も楽しみに。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > Eddi Reader

Harry Nilsson / Son Of Schmilsson

去年2006に出たニルソンの『Son Of Schmilsson』のアメリカ盤のリマスターCD。ニルソン関係のリマスターはイギリス盤とアメリカ盤と別々に出てボーナストラックもそれぞれ掘り出してきたりで迷走している感じだったけれど、最近はアメリカRCAがぽつりぽつりと出してくれる。

Richard Perryプロデュースで、Nicky Hopkins、Peter Frampton、Ray Cooper、Ringo Starr、George Harrison、Klaus Voormannと、もうなんだかお馴染みであたたかい音触りを作り出す人たちばっかの演奏なので、安心して聴ける。ビートルズがもし1970年代に活動していたらこんな感じなんだろうな。ボーナストラックの「Campo De Encino」はJimmy Webbの曲。

permalink | comments (1) | trackbacks (0) | category: 音楽

Ben Folds / Supersunnyspeedgraphic, The LP

Ben Foldsのオフィシャルサイトを見に行ったら知らないうちに発売されていたアルバム『Supersunnyspeedgraphic』。日本で限定発売された以外はインターネットでしか買えなかった3枚のEP『speedgraphic』『sunny 16』『super d』と、Ben KwellerとBen Leeと一緒にやった『The Bens』、海外のiTunesとかでしか(たぶん)買えなかった「Bitches Ain't Shit」、サントラ『Over The Hedge(森のリトル・ギャング)』からの曲からまんべんなくコンパイルしたアルバム。

オリジナルから少し手を加えている曲もあるらしいけど、あんまり気がつかず。あと、12曲目「Still」はサントラ『Over The Hedge』からの曲だけど、正確にはRepriseのバージョンの方。この曲が終わった後に「Bitches Ain't Shit」の別バージョン?(じゃないかな?)が少しだけ付け加えられている。

日本盤の発売はないのかな。マニア向けのアルバムだけど、こうやってまとめてくれるのは嬉しい。「Landed」のStrings Versionが入っていたら言うことなしだったのに。

そう、「Still」のストリングス・アレンジが、Paul Buckmasterだったというのに、このアルバムのクレジットで気がついた(サントラ盤を改めて見たらちゃんと書いてあったけど)。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

リコーのデジカメ Caplio R5 を買いました

RICOH デジタルカメラ Caplio R5 ブラックデジカメを買いました。おそらく6〜7年ぶり。リコーのCaplio R5のブラック。GRデジタルも欲しくてずっと迷ってたんだけど、やっぱり値が張るというのと単焦点というところに引っかかった。28mm単焦点はきっとそれはそれで制約があって楽しいカメラなんだろうけど、きっとズームも欲しくなるよなと思って、Caplio R5に。28mm〜200mm。うん。

試しに撮ってみて思うのは、やっぱり28mmは広い。ワクワクする広さ。あと、やっぱり6〜7年前のデジカメと違うので、軽いし小さいし液晶も明るい。ということで、普段から持ち歩くことにした。いいね。

ていうか、このところいろいろ買ってばかり。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常

CD買い漁り - Everly Brothers、Eric Clapton

液晶テレビを購入し、ビックカメラをうろうろして、じゃあ家に帰ろうとしたのはいいけれど、やっぱりちょっと休憩しようと新宿ペペのスターバックスでコーヒーを飲む。じゃあユニクロとか無印とかものぞいていこうとふらふらしていたら、ディスクユニオンで Everly Brothers の欲しかったCD達を発見。しかも安い。


Rock n' Soul / Beat & Soul
Sing Great Country Hits / Gone Gone Gone
From Nashville to Hollywood

結構前に出た2in1のもの。タワレコとかの店頭からは結構前に消えてしまって、Amazonでも安くなかったのでどうしようと思っていたらこんなところに。Everly Brothersを聴いていると、平和な気分になれる。

あと、Eric Claptonの『Back Home』が、輸入盤新品なのに820円というよくわかんない値段が付いていたので、これも購入。George Harrisonのカバー「Love Comes To Everyone」が聴きたかったのだよ。

で、CDのブックレットを見ていて気がついたのは、Everly BrothersでもEric Claptonでも、キーボードをプレイしているのはBilly Prestonだというところ。Everly Brothersで弾いているときはたぶんまだセッションプレイヤーだった頃だろうなあ。もう亡くなっちゃったけど、5世紀近くも音楽史に名を残したということはさすがにすごいなと思った次第。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

シャープAQUOSを購入

1/5ぐらいからテレビの調子が悪くなった。音声は出るけど、映像が出ない。もとは相方さんの所有のモノで、かれこれ16年ぐらいも使っているらしい。いい加減これは駄目だろうということで、急遽テレビを買うことに。

液晶だよ液晶と喜び、液晶といえばシャープのAQUOSということで、相方さんは下見に行ったり僕はネットで調べたり。新宿のビックカメラの店頭で、20インチはやっぱり小さいよなということで(いま家にあるテレビが25インチ?なのでやはりそれはちっさい)、ビックカメラでも売れ筋No.1という26インチのもの(LC26BD1)を購入。うっきょー、ついにAQUOS買っちゃったよ。

家に届くのが次の1/13(土)なので、それまではテレビ不自由生活。まあ僕は普段そんなに困らない方だけど、朝のめざましテレビが見れないのは残念。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常