sundaysoundtrack

検索エンジンでの検索するときのキーワード数は、平均1.79 - 2006年6月のアクセスログ解析のデータより

検索時の平均キーワード数sundaysoundtrackの2006年6月のアクセスログ解析のデータによれば、検索エンジン経由でアクセスした訪問者が検索時に使用するキーワード数は、平均1.79ワードでした。内訳は、1ワードでの検索は40.3%、2ワードは44.3%、3ワードは12.1%(グラフ参照)。

注意事項は以下の通りです。

  • 今回の統計に使った有効検索クエリ(検索回数)は、1,207。
  • 今回の統計データは、w3Analyzerによるアクセスログ解析のデータを使用。
  • 半角もしくは全角のスペースで区切られたキーワードは別のものとしてカウント。例えば「you raise me up 歌詞」は5ワード、「明治ミルクチョコレートパズル」は1ワード。
  • あくまで「sundaysoundtrackへアクセスした訪問者」の平均値。

検索エンジン別の、検索時のキーワード数は以下の通り。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (1) | category: web

blogable(ブロガブル)…ブログに取り上げやすい、ブログのネタになる

「ブログに取り上げやすい/取り上げられやすい」「ブログのネタになる」という意味の言葉(英単語)がないかなと思って、当てずっぽうで調べてみたら、そのまんまであった。「blogable(ブロガブル)」。誰か広めてくれないかな。

ブロガブル (blogable) [形容詞]
ブログに取り上げやすい(取り上げられやすい)、ブログのネタになるの意味。

→ ブロガビリティ (blogability) [名詞]
ブログへの取り上げやすさ(取り上げられやすさ)、ブログ・ネタ度。

blogable
Something worthy of being bloged.

Urban Dictionary: blogable

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

All Around Paul Simon!

ここ数日、iPod shuffleにポール・サイモンの音源を詰めてシャッフルで聴いている。『The Studio Recordings 1972-2000』のBOX盤の全曲と「Slip Sliding Away」(この曲だけなぜだかBOX盤から洩れた)、そして最新作『Surprise』。ただし、『The Paul Simon Songbook』は入れなかった(これだけやっぱり違うんでね)。

彼のファンからすれば(って僕も彼のファンなんだけど)、アルバムごとに雰囲気が全然違うのでなんとも訳のわからんことをと思うかもしれない。でも、これが意外に違和感がなく、かなり楽しい。「Me and Julio Down by the Schoolyard(僕とフリオと校庭で)」の後に「Gumboots」が来て、次に『Surprise』からの曲が入ってきても、スムーズに聴ける。リマスターのせいだろうか、音圧も音質もそれほど違わず、彼の目を通したワールド・ミュージックというある意味ひとつのカテゴリーの音楽だからなのかもしれない。

とにかく、電車の中でノリノリ。ポール・サイモンでノリノリ。なんともまあ。

あと、やはりリマスターで音がいい。アルバム『Still Crazy After All These Years』なんて音がこもったような印象だったけど、「50 Ways To Leave Your Lover」を聴いていたらバックコーラスの女性の声なんととてもクリアーだ。こんなんだったっけ?っていうぐらいとても新鮮。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

33歳と1ヶ月と4日

自分の歳が覚えられなくなってきた。たぶん30歳を過ぎた頃からだ。31歳なのか32歳なのか33歳なのか、かなりあやしい。「今年は2006年で、僕は1973年生まれだから……」でやっと歳がわかる。そもそも僕は数字を覚えるのが苦手で(数字を見るのは全然苦じゃないけど、覚えるのが駄目)、引っ越してもうすぐ3ヶ月になろうとするけれど、郵便番号も電話番号も、ちゃんと確認しないと心配で仕方がない。

そうやって「33歳だっけ?」とか言っている間に40歳になってたりするんだ、きっと。そりゃ気がつかないうちに腹だって出てくる。体重50kg前後のはずなのになんで腹が出るかな。

ということで、腕立てとかスクワットとかをやっている今日この頃。

---

ブログをもう一つ書くようになって、帰る家が2つになってしまったような感じ。どうしてもこっちがおろそかになってしまうなあ。なので、口調(文体)を戻してみた。sundaysoundtrackはくつろぎモード。喫茶すずめは、もっとくつろぎモード。

permalink | comments (4) | trackbacks (0) | category: 日常

おさるのナターシャ / 高野寛

高野寛『おさるのナターシャ』。ずいぶん前から買おうかどうしようかと迷っていたCD(あるいはCD付き絵本)。高野寛の1曲入りCDと石原しづかの絵による絵本。タワーレコードのポイントがいっぱいになったおかげで、金額調整のために無事買うことに。

絵本を開いてパラパラめくりながら高野寛の曲を聴く。1曲だけなので、軽い気持ちで聴いていたんだけれど、とても幸せな気分になれた。ちょっと不思議だけどハッピーなお話と、情景が浮かぶようなメロディとアレンジ。素敵だ。よかったね、ナターシャ。

高野寛の音源付きブログ(でいいのかな?)で軽く試聴できる。
Sound & Voice / 耳を澄ませて(高野寛の創作ノート): vocal アーカイブ

高野寛が実際にテレビで知ったニュースが元になっているとのことで、ちょっと調べてみた。本当にそういうニュースがあったようだ。なんとなく夢を壊しそうで詳しくは書かないけれど、一応リンクだけはっておく。CDを聴いて絵本を読んでから、リンクを辿った方がいいかもしれない。

X51.ORG : 臨死体験から生還した猿が二足歩行を始める イスラエル

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

サボテンの花、再び

cactus7/10頃から、今年2回目のサボテンの花が咲きました。

1ヶ月ほど前に咲き、咲き終わってからすぐにしぼんだ花を摘んで、肥料をあげたからでしょうか、初めて1年で2度咲きました。

ちょうど月曜日頃から咲いたようで、普段は昼間しか咲かないので、仕事がるため「あー2度目は見れないかなあ」と思っていました。それがなんと、金曜日の夜は花がしぼまず、翌朝になっても綺麗に花は開いたままでした。親思いのかわいい子です。無事、その花を見ることが出来ました。毎朝「綺麗に咲くんだよー」と声をかけていたからでしょうか。

permalink | comments (2) | trackbacks (0) | category: 日常 > サボテン

君の願いが叶いますように

七夕

7/8、石神井公園にて、携帯のカメラで撮影。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 日常 > 東京めぐり