sundaysoundtrack

「思わずブログで取り上げたくなる」ということ

bloggyなもの、と言うのかどうかは知らないけれど、「思わずブログで取り上げたくなる」という要素は、口コミ(クチコミ)マーケティングにおいて確実に重要な位置を占めると思う。ブログが個人による情報発信のメディアとして認知されてきた今、「ブログでの取り上げられやすさ」は商品やサービスのアピールポイントとして外せない。

ということで、これである。

ベアホリックのベアケーキベアホリックBEARHOLIC(ベアホリック)のベアケーキ。相方さんが大丸心斎橋店の「はなまるマーケット〜おめざフェア〜」で買ってきた。かわいい。かわいすぎる。たまらん。雑貨好きの女子も間違いなくイチコロのお菓子だ(Meal 301 | BEARHOLIC(ベアホリック)・ベアケーキ参照)。

「BEARHOLIC」という個人サイトチックで今ドキな店のネーミング(と書くとまるでおじさんだけど)と雑貨屋さん的なパッケージ、そしてこのクマの人形焼き(ベアケーキ)。ああ、まさにbloggy。ブログで取り上げずにはいられない。もちろん軽く甘くておいしかった。ベアケーキは通販はしておらずイベント限定販売商品とのこと。雑貨好きの女子はBEARHOLICのサイトでイベント情報をチェック。

BEARHOLIC

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

モスバーガー・ホスピタリティ(2)

昨晩「モスバーガー・ホスピタリティ」というエントリーを書いたけれど、今日心斎橋アセンスで『モスのココロ モスバーガーハートフルブック』という本を偶然発見。即購入(正確には相方さんが発見した)。モスバーガー・ファンにはたまらない本。これに載っているモス・グッズを眺めていると、片っ端から欲しくなる。もうもらえない(買えない)んだけど。あと、ディック・ブルーナ仕様の店舗は一度は行ってみたいよな。

で、この本によると、いわゆる「緑モス」店舗には「ホスピタリティマネージャー」という肩書きの人がいるらしい。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 雑記

モスバーガー・ホスピタリティ

MRI検査を受けた3/16、病院を出た頃はちょうど昼時で、歩いて少しのところにあるモスバーガーでお昼を食べた。病院では検査を受けたり、診察を待っている間に再びひどい「めまい」が起きたりして、精神的にも肉体的にも疲労していたのか、「おいしいコーヒー」が飲みたかったからだ。冷たい雨の中、「コーヒー、コーヒー……」と心の中でつぶやきながらモスバーガーへ向かう僕。

モスバーガーが好きなのだ。とても。

鷹野雅弘氏のブログ「大事なことはみーんなモスバーガーで教わった」で「独特のホスピタリティの感度」という表現をされていて、ああそうそう、僕が好きなモスバーガーはあのホスピタリティなんだと、今日気がついた。モスバーガー・ホスピタリティ。

続きを読む>>
permalink | comments (2) | trackbacks (0) | category: 雑記

Advertising 2.0 - Google高広氏によるセミナー「ロングテール〜新しい広告の開拓地」

3/14に、大阪産業創造館であったGoogleの高広伯彦氏によるセミナー「ロングテール〜新しい広告の開拓地」のレポート。Googleがロングテール時代にどのような考えで広告を展開しているのか、というお話。資料をもらわなかったので、ノートの走り書きメモから図解を書いてみた。

060314セミナー01

060314セミナー02

これまでは消費者の「Attention」にアピールしていたけれども、これからは「Intention」に対応しなきゃ、というもの。Lean Forwardなユーザーにとっては、検索結果も広告も「有益な情報」である、とGoogleは考えている、と。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

MRI検査を受けた

ここ数日「めまい」がひどく、今日病院に行って来た。事前にネットでめまいについて調べ(日本めまい平衡医学会のサイトが詳しい)、症状に耳の異常がみられないので僕は神経内科に行ったけれど、人によっては耳鼻科などかもしれない。

で、坂本龍一氏似のお医者さんが言うには「一時的なものでしょう」ということで様子を見ることになったんだけど、まともなMRI検査を受けたので(僕の場合は脳)、「MRI検査って実際どのようなものなの?」という人のために、ちゃんと報告しておこうかなと思う。

続きを読む>>
permalink | comments (4) | trackbacks (0) | category: 日常

口コミ(クチコミ)が邪魔をする

Amazonである書籍を買おうかどうか迷いつつカートの中にずっと放置しているものがあって、まあそういう書籍やCDやらが40近くカートに長い間入りっぱなしなんだけど、今日改めてその書籍を買おうかなと思ってレジに一旦は進み、でも結局途中でやめてしまった。Amazonのカスタマーレビューが邪魔をするのだ。悪いレビューが並んでいるのではない。むしろ好意的なレビューばかりだ。合計8件のレビューがあって、平均星4つ半。でも、そのレビューが気にかかる。

「ベスト500レビュアー」と「ベスト1000レビュアー」が1人ずつ、それなりに高評価のレビューでどちらも星4つ。それ以外は星5つのレビュアーが5人と星4つのレビュアーが1人。正直に見れば、たぶんいい本だ。正直に見れば。

続きを読む>>
permalink | comments (5) | trackbacks (1) | category: web

「You Raise Me Up」を最初に歌ったBrian Kennedyと云ふ人

世間的に(といってもそれでも一部の人間の間でだろうけれど)話題になるのは2度目か3度目か、「You Raise Me Up」という曲がまた話題になっているみたいだ。荒川静香選手がトリノオリンピックのエキシビションで使用したそうである。オリンピックは、結局新聞とテレビのニュースぐらいしか見れなかった。

荒川静香選手が使用したのはCeltic Womanのバージョンだそうだが、「You Raise Me Up」のオリジナルの原曲はSecret Garden(シークレット・ガーデン)によるものだ。各所でそのオリジナルの原曲の認知度の低さを嘆いている人がいるけれど、同様に僕も少し寂しい気分になったりする。そう、そのオリジナル・バージョンでボーカルを担当しているのが、僕の大好きなBrian Kennedy(ブライアン・ケネディ)だからだ(US盤は視聴できるぞ)。

続きを読む>>
permalink | comments (8) | trackbacks (0) | category: 音楽