sundaysoundtrack

「ケータイ世代」ではないWeb屋のつぶやき

32歳、男。ケータイ(携帯電話)で電話やメールといったコミュニケーションをとることはあっても、オンラインショッピングや「お財布ケータイ」などで買い物をしようとは思わない。PCを利用した方が便利だし、なんとなく安心だと思っている。そういう人間。

けれども、それは僕がそういう人間だからであって、ケータイを中心に「インターネット」を利用している人も確実にいる。多くは僕らよりも若い世代。そりゃあ小学生や中学生の頃からケータイを使っていたらそうなるだろうな。

僕が恐れているのは、9割以上をPCを中心にしてインターネットを利用し、かつWeb制作に従事している僕が、ケータイを中心にインターネットを利用している人達の世界がよくわかっていない、ということだ。これは怖い。僕の賞味期限という意味で。

インフォプラントが3/28に発表したモバイル・リサーチ調査結果によると、iモードでのオンラインショッピングの購入経験者の割合は回答者全体の6割、今後の利用意向者は8割にのぼったという。

インフォプラント - iモードでのオンラインショッピング、「購入経験者」60.9%、「今後の利用意向者」82.5%(PDF)

調査ターゲットが「iモードを積極的に利用している5,300人」だということを踏まえても、僕にはびっくりの結果だ。6割。

続きを読む>>
permalink | comments (2) | trackbacks (0) | category: web

ブログの勢いを表す評価指標「勢い指数 Vigor Index (VI)」

ブログの勢いを表す評価指標として、「勢い指数」というのを考えてみた。英語で言ってみると「Vigor Index (VI)」とかになるのかな?(間違っていたらすいません) 「その月のエントリー数」と「その月に獲得できた購読者数」を掛けることで、その月のブログの勢いを表現できるのでは、と。

ブログの勢い指数 Vigor Index (VI)
= 各月のエントリー数 × 各月の購読者獲得数

「各月の購読者獲得数」というのは、その月の購読者数の純増分のこと(購読者総数ではない)。これを出すのが一番大変かもしれない。Feedburnerなどの解析サービスを利用していれば楽だけれど(それでも概数だけど)、生ログからアクセス解析するとなると、それなりに手間な上に正確な数字が得られない。ただ、時系列上でひとつのブログを分析するにはそれなりに有効ではないかと思う(前後比較というか増減の傾向がわかるので)。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

Yahoo!トップの検索窓は米Yahoo!よりも使い勝手がいい

Yahoo!検索3/20にリニューアルされた、Yahoo! JAPANのトップページの検索窓。米Yahoo!と同じようなタブが揃い、各種検索サービスを直接利用できるようになっている。僕は検索はGoogleもYahoo!も両方使う方だけど、しばらくの間Firefoxの検索窓を使用せずに、Yahoo!のトップに一旦アクセスした上でYahoo!検索を利用してみた。

感想をひとことで言うと、「とても使いやすい」。米Yahoo!よりも使い勝手がいい。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

喫茶すずめ

ひとりごとはここで書くことにした。喫茶すずめ。

permalink | - | - | category: 雑記

3/25、「ダイビル」に行って来た

ダイビル

3/25、「ダイビル」に行ってきた。何度か前を通りかかったことはあったけれど、実際に中に入ったのはこれが初めて。1Fにある喫茶店「大大阪」に相方さんと行ったついでに(Meal 301参照)、中をウロウロしてきた。とても重厚な作りの建物。実際に普通に会社とかに使用されているけれど、すべてがレトロな感じ。外装は撮らなかったけれど、外装も丁寧で重厚な彫像や彫刻が施されている。

続きを読む>>
permalink | comments (3) | trackbacks (0) | category: 日常

「RSSフィードのSEO対策」から、RSSフィードの役割を考える

My RSS 管理人 ブログ: RSSフィードのSEO対策 - 9つのポイント(?)とそこで紹介されているパワーポイント資料を読む。概ね同意だったりスルーだったり(なんて偉そうな)。

やはり鍵となるのは「全文配信するか否か(概略配信もしくは冒頭部分配信)」と「URLにトラッキングコード(引数とか)を入れるか否か」ではないかなと思う。

SEO的な観点で見ると、確かにRSSフィードは全文配信の方がキーワードのマッチングが高まるので有効だ。URLにトラッキングコードを含めないのも、固定リンク(パーマリンク)となるのでリンクポピュラリティが分散するのを防ぐという意味で意義あることだと思う。

一方で、RSSフィードにマーケティング的な役割を持たせると、概略配信や冒頭部分配信も否定はしないし、URLにトラッキングコードを含めることも「分析・測定」には必要であるケースもあると思う。

例えば、RSSフィードがWebサイトへの誘導の役割を強く持っているのであれば、RSSフィードは概略配信や冒頭部分配信の方がベターだと思う。RSSリーダーでの閲覧が無視できないレベルだと、全文配信ではWebサイトへのページビューには繋がりにくいからだ。さらに、RSSフィード経由の閲覧を調べようとすれば、URLにトラッキングコードを含ませるのも方法のひとつになってくる。RSSフィードのアクセス解析はまだまだむずかしい。Feedburnerなどによって、RSSフィード上のURLが完全に書き換えられてしまうよりもマシかもしれない。

要は、「RSSフィードに何を求めるか」によって、その内容が変わってくるのかもしれない。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

Brian Kennedyのニューアルバムは4月に(あるいは海外のマイナーなアーティストのニュースを知る方法について)

まだBrian Kennedyのオフィシャルサイトでは発表されていないけれど、彼のニューアルバムが4月に発表される模様。プレスリリースが出ているっぽい。

Jazz News :: Brian Kennedy will perform at The Olympia

海外のアーティストでそれほどメジャーではない人のニュースを知るのは結構大変だ。オフィシャルサイトの更新がしっかりしていたり、MLなんかがあったりすればいいんだけど、そうでない場合は結構つらい。

僕の場合、Google News U.K.に行って(別にU.S.でも結果は同じっぽいけど)「"Brian Kennedy"」とニュース検索し(一応ダブルクォーテーションで囲む)、その検索結果のフィード(RSSとかAtomとか)を取得している。同名他人のニュースも引っかかってしまうけれど、「とりあえず放っといてもそのアーティストのニュースが手に入る」という状況には変わりがない。どこか海外の音楽ニュースサイトでこんな感じのサービスをしていないかな。

関連記事:「You Raise Me Up」を最初に歌ったBrian Kennedyと云ふ人

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽