sundaysoundtrack

松坂屋名古屋本店「@honten-nikki」へのご提案

「お客さま一人ひとりの視線にあう情報を発信したい」−。松坂屋名古屋本店(名古屋市)の社員が足で集めた売り場情報を、日記調で提供するホームページ(HP)のコーナーが注目を集めている。不特定多数を対象にした広告では、収容しきれない細かな“旬”がぎっしり。人間味を感じさせる情報発信に、アクセス数が急増している。

「松坂屋社員 足の情報 日記調のHPが好調」Yahoo!ニュース - 中日新聞

松坂屋名古屋本店の社員がブログで情報発信している「@honten-nikki」のことだ。松坂屋名古屋本店サイト内にある、「旬の情報をお届けする」というコーナー(一応別サイト?)「HO.N.TE.N TOPICS」の1コンテンツ。

まず、僕の正直な意見。「HO.N.TE.N TOPICS」「@honten-nikki」もそうだけど、「それが松坂屋の名古屋本店のサイト(の一部)である」ことが非常にわかりにくい。「松坂屋」「Matsuzakaya」という文字やロゴが、スクロールせずに目につく位置にないことが大きな原因。ページタイトルにもいっさい表記がないというのもどうなんだろう? 「ID」がないというのは、すごくマイナスだと思う。

続きを読む>>
permalink | - | - | category: web
1