sundaysoundtrack

ポール・マッカートニーが64歳に

うっかり忘れてしまいましたが、昨日6/18はPaul McCartneyの64歳の誕生日でした。おめでとうございます。『Sgt. Pepper's』で本人が歌った「When I'm Sixty-Four」の歳に遂になってしまいました。残念ながら、歌の内容のようなHappyな状況ではなくなってしまいましたが(ファンとしてもこんな状況になるとは思ってもいませんでした)。

そんな彼に1曲かけるとすれば、「No More Lonely Nights」でしょうか。

5年ほど前に出たPaul McCartneyの2枚のトリビュートアルバムに収録された、The Merrymakersの同曲のカバーバージョンが、とてもかっこよくて大好きです(右の写真は2枚組で出た日本盤)。オリジナルももちろん大好きですが、The Merrymakersのバージョンも、バンドのアレンジとして見事にはまっています。カバーは「コピー」ではつまらないのですが、咀嚼した上で新たな表現をしたカバーは良いものが多いです。この曲もそんな曲です。No more lonely nights。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles

Ringo Starr / Choose Love

アルバムが出ても、いつもなぜだか積極的には買おうとは思わないRingo Starr(ごめんなさい)。この『Choose Love』も何かのついでに買った。でも、カートに放り込んだ理由が「視聴してみたら案外良さそうだったから」。でも、これが意外にと言うと失礼だけど、良かったのだ。

続きを読む>>
permalink | - | - | category: 音楽 > The Beatles

Paul McCartney opens US 2005 Tour

ポール・マッカートニーのUSツアーが9月17日についにスタート。7月12日の記事で新しく取り上げられる曲を予想してみたけれど、結果は2番目に挙げた「I Will」のみ的中。他の新登場の曲は結構意外なものだった。へぇ。

US 2005 Tour: Miami 09-16-05 - reports, reviews & FANfeedback (MACCA-Central.com)

続きを読む>>
permalink | - | - | category: 音楽 > The Beatles

Apple Of Her Eye 〜 りんごの子守唄

こないだの日曜日、初めてiTunes Music Storeで曲を買ってみた。思いのほか欲しい曲がなく(本当にないのだ。なぜだろう?)、Pet Shop Boysの「Home And Dry」1曲だけを試し買い。びっくりするくらいにあっけなく買えてしまう。あー恐い恐い。

そのiTunes Music Storeで売っていたアン・サリーによる「Yesterday」Yesterdayのカバーが良さげで、ちょっと欲しいなと思ったけれど、なぜだかそのときは思いとどまった。で、今日のbounceのニュースによると、邦楽女性陣による素敵なビートルズのカバーアルバムが出るという。『Apple Of Her Eye 〜りんごの子守唄』。畠山美由紀にイノトモ、アン・サリーに原田郁子、いま話題の湯川潮音とか、あーこれは欲しい。買う買う。これにアン・サリーの「Yesterday」が入っている。

ビートルズのカバー・コンピ盤ってあまり持っていないけど、これは各人が「わたしわたし」ってあまり自己主張してなさそう(とあくまで予想)。発売予定が11/2とだいぶ先だけど、Amazonのカートに放り込んで気長に待ちます。

続きを読む>>
permalink | - | - | category: 音楽 > The Beatles

Love Comes to Everyone

いまFM802で、Eric Claptonの新作から「Love Comes to Everyone」が流れている。George Harrisonのカバーだ。Steve Winwoodのキーボード・ソロの部分もまるでそっくりだ。言ってみればあまりひねりもないカバーなんだけど、まったくもう。

グッときてしまった。仕事中なのに。

続きを読む>>
permalink | - | - | category: 音楽 > The Beatles

iTunesでメドレーの曲をつなげてMP3にする(The BeatlesのAbbey Roadを例に)

iPod shuffleで聴くために、ビートルズを350曲、MP3にした。ビートルズどころか、いまPCの中には1431曲(4.62GB)ものMP3が収まっている。Eddi Readerが183曲、つじあやのが100曲ちょうど。片寄りすぎ。

ビートルズの『アビー・ロード』のB面のメドレーをiPod shuffleでもスマートに聴こうと思い、どうやって連結(結合)しようかと小1時間悪戦苦闘した。最初は、1曲ごとにMP3やWAVEファイルにエンコードして、それから繋げるというやり方を試みていたんだけど、なんだかしらんきれいに繋がらない。半ば諦めかけていたら、iTuneそのものでとても簡単に出来ることを発見。きっと有名なやり方なんだろうけれど、僕は知らなかったので記しておく。

続きを読む>>
permalink | - | - | category: 音楽 > The Beatles

Paul McCartneyの次のツアーで新しく取り上げられる曲を妄想してみる

Paul McCartneyの新しいアルバムの詳細が正式発表に『Chaos And Creation In The Back Yard』『Chaos And Creation In The Backyard』というちょっと長めのタイトルで、9/13発売とのこと。で、9/16からは全米37都市を回るツアー。

また日本に来ないかなぁという淡い期待を抱きつつも、やはり気になるのはツアーのセットリスト。基本的には2002年のDriving USAから始まっている今のバンドによるセットが基になるんだろうけれど、やはり新しく加えられる曲が気になる。2004年夏のヨーロッパツアーで加えられた「Helter Skelter」にはみんな狂喜したのだ。

ということで、ポール・マッカートニーの次のツアーで新しく加えられるかもしれない曲を予想(妄想)してみる(一応1989年のツアーから演奏していない曲のみ、ということで)。

続きを読む>>
permalink | - | - | category: 音楽 > The Beatles