sundaysoundtrack

新垣結衣とCocco

新垣結衣 Cocco

相方さんのiPod nanoで起きた奇跡。

新垣結衣の「そら」とCoccoの「羽根」がCover Flowで並んでる。そっくり。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

Paul McCartneyの『Press To Play』が好きだ

ポール・マッカートニーのアルバム『Press To Play』が好きだ。たまに「駄作だ」とか言われたり書かれたりしてるけど、たぶん僕は何度も何度も噛みしめるように聴いてるからというのもあるけれど、僕は好きだ。好きな曲もいっぱいあるし。「Press」とか「Only Love Remains」とか「Write Away」とか「Tough On A Tightrope」とか。

ちょっとやっかいなのは、ちゃんとCD化(あるいはデジタル音源化)されてないバージョンがやたらあること。何とかバージョンとか、よくわかんないくらいある。らしい。大好きな「Only Love Remains」は、シングルで出た7インチのやつからして音違うしね。YouTubeにあがってるけど。

「Pretty Little Head」もシングルバージョンは全然別物やけど、それはDVDに収録された。「Only Love Remains」も入れてほしかったなあ。

2枚組でもいいので、バージョン全部かき集めたものコンプリートで出してくれんかな。

「Press」も、iTunes Storeで何とかバージョンのやつが売られてるけど(買ったけど)、YouTubeにアップされてるこれは何ぞ?

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles

ユニコーン「WAO!」

もう、思いつく限りのユニコーンっぷりで笑った。

追記。上のYouTubeの、削除されてるっぽいけど、まあいいや。検索するなりして探してください。

WAO!【初回生産限定盤】WAO!【初回生産限定盤】
ユニコーン
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

フィギュアスケート小塚君の「Save The Last Dance For Me(ラストダンスは私に)」

フィギュアスケートの小塚崇彦君が今シーズンのエキシビションで使っている曲、「Save The Last Dance For Me(ラストダンスは私に)」。急にほしくなって、探した。あの曲、滑るのすごく楽しそう。

Michael Buble(マイケル・ブーブレ)だそうな。あーこの人のアルバムジャケット見たことあるね。David Fosterがらみだっけ?

iTunes Storeで探したら、どうもリミックスバージョンの方が正解みたいだった。ということで購入。CDでは出てないんかな?

Michael Buble
Save the Last Dance for Me (Star City Remix)
Michael Bublé - Save the Last Dance for Me (Star City Remix) - Single - Save the Last Dance for Me (Star City Remix)

(iTunesが起動します)

YouTube - Takahiko Kozuka 09SOI Japan Tour 090112

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

Paul McCartney『Amoeba's Secret』のCDが出るらしい

ポール・マッカートニーの『Memory Almost Full』の発売の頃にやったインストアライブを収録したアルバムというかEP『Amoeba's Secret』がCDで出るらしい。レーベルはHear Musicから。

収録曲はアナログ盤と変わらず「Only Mama Knows」「C Moon」「That Was Me」「I Saw Her Standing There」の4曲。うーん。せっかくHear Musicから出るんだから、すでにシングルのカップリングで発表されている音源もここに入れたらいいのに。「Dance Tonight」となんだっけ、「House of Wax」だったかな。

ていうかポールはどんだけ「C Moon」が好きやねん。

090110Amoeba's SecretAmoeba's Secret
Paul McCartney
Amazon.co.jpで詳しく見る

Beatles Examiner: McCartney's 'Amoeba's Secret' CD -- first details

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles

ポール・マッカートニーの別名義、Twin Freaks

Paul McCartney の別名義プロジェクト、Twin Freaks(ツイン・フリークス)。アナログ盤とMP3とかのダウンロード販売の音源のみでのリリースなので、CDの発売はなし。

というのを最近知ったので、去年2008年ですけど、だらだらとiTunes Storeを徘徊していたときに見つけたので購入。「Paul McCartney」で検索したときに、このアルバムが表示されるようにならんもんですかねえ。機会ロスやと思うんですが。

ビートルズの『LOVE』だとか、ポール・マッカートニーのThe Fireman名義の『Electric Arguments』とかがそれなりに好きなら、それよりかちょいハードな感じと思ってもらえれば。ポールの昔の曲をサンプリングして、いまで言うところのマッシュアップですか(ってなんですかそれと思うんですが)、そんな感じでリミックスされたもの。

個人的には好き。

2004年の夏のヨーロッパツアーのときに流されていた曲らしい。

090104 Twin FreaksTwin Freaks / Twin Freaks Twin Freaks
(iTunesが起動します)

この中で一番聴きやすいのは「Coming Up」かな。わかりやすい感じでかっこいい。下は、その「Coming Up」で誰かが勝手に作ったプロモーションビデオ on YouTube。

YouTube - Paul McCartney - Coming Up [Twin Freaks Remix]

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles

The Fireman名義のポール・マッカートニーの新作

Paul McCartneyの新作『Electric Arguments』。名義はYouthとのコラボでの名義 The Fireman。ものすごくいい。「ファイヤーマンかよ」と高をくくってたら殴られました、みたいな。

ちなみに、The Firemanとしては3作目だけど、前の2枚は僕は持ってません。でもこのアルバムは、発売前にネットのどこかでサンプルを耳にして、「これ、まんまポールやん」ということで速攻Amazonのカートに放り込んだ。

前2作と違って、ロックなアルバム。普段のPaul McCartney名義よりも熱い。メロディは基本的には鼻歌レベルなんだけど(つまりあんまり力を入れずに作ってる)、なんだろうなあ、音のまとめ方が全然違う。演奏もたぶん全部ポールなんやろうけど、たぶんYouthの存在が大きいんやろうなあ(この人のことは全然知らないけど)。

1曲目からブルースっぽいロック。しかも変拍子。まあ他にはいつものポール節っぽいのがあったりカントリーっぽいのがあったり、基本は鼻歌レベルの曲が並ぶけど、この人の鼻歌ってレベル高いよなあ。その才能に感服する。

かっちょええ。これが60半ばのオッサンの出す音楽かよとおもうとビビる。誇張じゃなくて。

The Fireman 'Sing The Changes'

Electric ArgumentsElectric Arguments
The Fireman
Amazon.co.jpで詳しく見る

YouTubeにも公式チャンネルがあるね。

YouTube - thefiremanmusic

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles