sundaysoundtrack

カーペンターズのトリビュート盤『イエスタデイ・ワンス・モア - Tribute To The Carpenters』

B001PBQL9C

日本人アーティストによるカーペンターズのトリビュート・アルバム『イエスタデイ・ワンス・モア - Tribute To The Carpenters』。タワレコのポイントがたまったので買った。

新宿のタワレコでものすごく探したにもかかわらず探し出せなかったので、結局店員さんにお願いした。参加している鬼束ちひろのところにもオムニバスのコーナーにもなくて、新譜が並んでるところにもなかったらわかりっこない。

ジャケットがねえ、笑える。素敵やけどね。

聴いていたら、ものすごくみんな普通にカバーしてる。演奏もものすごく丁寧にコピー。歌もなんだかみんなカレンさん。なんだこの予定調和的な感じ、と思ってライナーノーツを読むと納得。

特にカーペンターズの曲はカバー曲が多いので、オリジナルにとことんこだわるというのが僕と根岸のテーマだ。ある意味コピーバンドになってしまってもよいのだ。あまりにスタンダードになってしまっているので、現代風にアレンジされてしまうとカーペンターズで聴き慣れた数々の作品ではなくなり、カーペンターズの曲として聞こえなくなってしまうのだ。あくまでこれはカーペンターズ・トリビュート。サウンドにもこだわりたいのだ。だから半分ぐらいの曲はかなり完璧なコピーをした。僕らの手を外れている曲も基本的にはオリジナルを生かしたアレンジにとお願いした。

門倉聡(ライナーノーツより)

うん、ものすごくコピーしている。「Only Yesterday」の「え、もうフェードアウトしちゃうの」というところまでコピーしてる。おもしろいかおもしろくないかはともかく、趣旨はわかるし、そうしたくなる気持ちもわかった。

でも、ちょっと正直な気持ち、たぶんあんまり聴かないな、とも思った。悪いけど、これなら本物のカーペンターズ聴くもん。

男の人が歌うとやっぱ雰囲気変わるなと思ったMONKEY MAJIKの「Rainy Days And Mondays」と、あとアルバムの中で完全に我が道を行く感じであいかわらず突っ走ってたBEAT CRUSADERSの「Solitaire」、あとYa-Kawlという人の「I Won't Last A Day Without You」がよかった。Ya-Kawlのは亀田誠治がアレンジしてて、この人だとやっぱりバンドっぽい。

つじあやの嬢の「Close To You」は、まんまコピーなんだけど、ちゃんとカレン・カーペンターだった。この人、いつのまにか歌がうまくなってるね、といったら失礼か。たしかずいぶん前にボーカル・トレーニング受けてるようなことを読んだことがあるし、アルバムやライブでも「歌うまくなったなあ」と思うことが多かったので不思議じゃないんだけど、こういうアルバムでちゃんとボーカリストとして呼んでもらっているということに、なんだかちょっとだけ不思議な感じ。ウクレレは今回は弾いてないよ。

B001PBQL9Cイエスタデイ・ワンス・モア〜Tribute To The Carpenters
オムニバス
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (2) | trackbacks (0) | category: 音楽 > つじあやの

Eddi Reader - Love Is The Way

遂に出ますよ、エディ・リーダーの新しいアルバム『Love Is The Way』。4月13日。Amazon.co.jpにもやっとこさ商品情報が出たので、即カート入れ、即買い。MySpaceでも新しいアルバムから何曲かが試聴できます。ジャケットがいつもと少し趣が違うけど、きれい。

追記。聴きました。
Eddi Readerの『Love Is The Way』は名作だと思う
追記ここまで。

B001KVW59MLove Is the Way
Eddi Reader
Amazon.co.jpで詳しく見る

あと、いつのまにか『The Songs of Robert Burns Deluxe Edition』もアマゾンで取り扱ってた。『Sings The Songs Of Robert Burns』のデラックス・エディション

B001KVW59WSings the Songs of Robert Burns
Eddi Reader
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > Eddi Reader

ジェイク・シマブクロのビートルズ・カバーアルバム『アクロス・ザ・ユニバース』を聴いた

ジェイク・シマブクロ アクロス・ザ・ユニバース

ジェイク・シマブクロ(Jake Shimabukuro)のビートルズ・カバーアルバム『アクロス・ザ・ユニバース(Across The Universe)』を聴いた。初回限定のDVD付きだったので、真っ先にDVDから見たけど。この数日は毎朝通勤時に聴いてる。

「While My Guitar」と「In My Life」は昔のアルバムからの音源(「While My Guitar」はアルバム『Gently Weeps』のソロ・バージョンね)。それ以外は新しい録音かな。いいねいいねいいね。1曲目の「Across The Universe」ではゲストボーカルがシンディ・ローパー(Cyndi Lauper)。こういうつながりイイね。ジェイクは「Time After Time」をカバーしているし。

で、上の写真は、CDのパッケージを覆ってたビニールに付いていたPR用のシールだけど、ジョージ・ハリスンの奥さんのオリビアからのメッセージなんよね。これをなんでブックレットにちゃんと入れないんかなあ。ものすごく素敵なことだと思うし、9割捨てられてしまうものにこんな大事なメッセージを載せたらもったいないと思う。ジェイクはこのメッセージはものすごく嬉しかったと思うし。仮にジョージ・ハリスンが生きていてジェイクの「While My Guitar」を聴いていたらと思うと、きっとものすごく喜んだだろうなあとか聴けなくて残念だなあとか、いろいろ思ったりする。

いいアルバム。

B001QL34VYアクロス・ザ・ユニバース(初回生産限定盤)(DVD付)
ジェイク・シマブクロ
Amazon.co.jpで詳しく見る

B001QL34W8アクロス・ザ・ユニバース
ジェイク・シマブクロ
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles

ジェイク・シマブクロのビートルズ・カバーアルバム『アクロス・ザ・ユニバース』

アマゾンさんさんがオススメのダイレクトメールを送ってきて、「ジェイク・シマブクロ」とあったのでURLをクリックしてみたら、ビートルズのカバーアルバムが出るらしいのね。これは買っちゃうなあ。

ジェイク・シマブクロはこれまでもビートルズのカバーをいっぱいやってるけど、再演なんだろうか、以前のものが収録なんだろうか。まあどっちでもいいけど。

「While My Guitar」と「Something」収録のDVD付き初回限定盤もあるみたいで、僕はそっちをカートに放り込みました。あ、これを書きながら注文まで至りました。

B001QL34VYアクロス・ザ・ユニバース(初回生産限定盤)(DVD付)
ジェイク・シマブクロ
Amazon.co.jpで詳しく見る

B001QL34W8アクロス・ザ・ユニバース
ジェイク・シマブクロ
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽

Paul McCartney - Amoeba's Secret

Paul McCartney - Amoeba's Secret

ポール・マッカートニーのライブEP『Amoeba's Secret』のCD。12インチ盤は2007年12月らしい。すぐに売り切れて入手できなくなってたと思う。グラミー賞ノミネート効果で、Hear MusicからめでたくCD発売。

実物が届いて、結構びっくりしたね。いやあ、ジャケット写真がね。ひどいとは聞いてたけど、まあ素敵にひどいね(いろんな意味を込めて)。

上の写真はすごく粗く見えるけど、いやいやジャケット写真が粗いです。画素数がものすごく少ない大昔のデジカメで撮ったような写真。まあ、そういう画像処理してるんですけど。

紙ジャケとは名ばかりのペラペラの紙で海賊盤仕様という形で割り切ってやってる感があるけど、でもこれ、日本盤も出すんでしょ? 普通の人が買うとは思えないし、マニア以外に買いようのないもんなんだから、手をかけて日本盤出さなくていいのに。内容も中途半端なんだから。

収録曲は「Only Mama Knows」「C Moon」「That Was Me」「I Saw Her Standing There」の4曲。「Only Mama Knows」「That Was Me」の2曲は、シングル『Ever Present Past』のカップリングで発表済みなので、デジタルな音源になったものは2曲。まあ、かっこいいんだけどね。でもこの人、「C Moon」好きだなあ。

ていうか、音源あるんやから、ライブアルバムで出してよ。

Amoeba's SecretAmoeba's Secret
Paul McCartney
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > The Beatles

Eddi Reader - The Songs of Robert Burns Deluxe Edition

Eddi Reader - The Songs of Robert Burns Deluxe Edition

エディ・リーダーの『Sings The Songs Of Robert Burns』のデラックス・エディション。たかだか5年ぐらい前のアルバムなのにデラックスなんて、とはいうものの、Robert Burnsの生誕250周年記念とのことで、元々のUK盤に7曲追加して、ジャケットもタイトルもちょっと変えて発売。なんだかんだと、『Sings ...』のUK盤、日本盤も買ってるので、このアルバムを買うのは3度目か。やれやれ。

7曲追加とあるけど、1曲は日本盤のボーナストラックになっていたもの、3曲は次のアルバム『Peacetime』収録曲なので、純粋な未発表曲というか新曲は3曲。

「Comin' Through The Rye」ってこの曲なのね。知ってたわ。サントリー烏龍茶のCMで「茶林」という曲名で使われてた。日本語のタイトルは「ライ麦畑で出逢ったら」だそうな。

ということで、キラキラコロコロ、でもちょっと根っこはしっかり生えてるという感じで、このアルバム好きです。

あと、このアルバムの素敵なストリングス(The Royal Scottish National Orchestra)を指揮したKevin McCraeは、2005年に亡くなられているそうです。44歳って。R.I.P.

日本のアマゾンではなぜか取り扱ってなくて(下に追記。取り扱うようになった)、HMVか、Amazon.co.ukとかでどうぞ。Amazon.co.ukなら視聴できます。どっちも、CDのタイトルが『Sings The Songs Of Robert Burns - Expanded』になってるけど。

Sings The Songs Of Robert Burns - Expanded: Eddi Reader: Amazon.co.uk: Music

ニューアルバム『Love Is The Way』が2009年4月13日発売、のカードが入ってた。Myspaceでも少し聴けるけど、楽しみ。

2009年4月25日追記。アマゾンでいつのまにか取り扱ってた。タイトルが違うようだけど、収録曲とジャケットがあってるからたぶんあってると思う。

B001KVW59WSings the Songs of Robert Burns
Eddi Reader
Amazon.co.jpで詳しく見る

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽 > Eddi Reader

iPod nanoの再起動方法

とりあえずいまイライラしてるのでここに書く。iPod nanoの再起動方法。

  • ホールドスイッチをオンにしてからオフにします(「HOLD」にスライドしてから再びオフにします)。
  • メニューボタンとセンター(選択)ボタンを同時に 6 〜 8 秒間押したままにして、アップルロゴを表示させます。この手順を繰り返す必要がある場合もあります。

いつまでたっても覚えられないのもどうか。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: 音楽