sundaysoundtrack

「RSSフィードのSEO対策」から、RSSフィードの役割を考える

My RSS 管理人 ブログ: RSSフィードのSEO対策 - 9つのポイント(?)とそこで紹介されているパワーポイント資料を読む。概ね同意だったりスルーだったり(なんて偉そうな)。

やはり鍵となるのは「全文配信するか否か(概略配信もしくは冒頭部分配信)」と「URLにトラッキングコード(引数とか)を入れるか否か」ではないかなと思う。

SEO的な観点で見ると、確かにRSSフィードは全文配信の方がキーワードのマッチングが高まるので有効だ。URLにトラッキングコードを含めないのも、固定リンク(パーマリンク)となるのでリンクポピュラリティが分散するのを防ぐという意味で意義あることだと思う。

一方で、RSSフィードにマーケティング的な役割を持たせると、概略配信や冒頭部分配信も否定はしないし、URLにトラッキングコードを含めることも「分析・測定」には必要であるケースもあると思う。

例えば、RSSフィードがWebサイトへの誘導の役割を強く持っているのであれば、RSSフィードは概略配信や冒頭部分配信の方がベターだと思う。RSSリーダーでの閲覧が無視できないレベルだと、全文配信ではWebサイトへのページビューには繋がりにくいからだ。さらに、RSSフィード経由の閲覧を調べようとすれば、URLにトラッキングコードを含ませるのも方法のひとつになってくる。RSSフィードのアクセス解析はまだまだむずかしい。Feedburnerなどによって、RSSフィード上のURLが完全に書き換えられてしまうよりもマシかもしれない。

要は、「RSSフィードに何を求めるか」によって、その内容が変わってくるのかもしれない。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

「思わずブログで取り上げたくなる」ということ

bloggyなもの、と言うのかどうかは知らないけれど、「思わずブログで取り上げたくなる」という要素は、口コミ(クチコミ)マーケティングにおいて確実に重要な位置を占めると思う。ブログが個人による情報発信のメディアとして認知されてきた今、「ブログでの取り上げられやすさ」は商品やサービスのアピールポイントとして外せない。

ということで、これである。

ベアホリックのベアケーキベアホリックBEARHOLIC(ベアホリック)のベアケーキ。相方さんが大丸心斎橋店の「はなまるマーケット〜おめざフェア〜」で買ってきた。かわいい。かわいすぎる。たまらん。雑貨好きの女子も間違いなくイチコロのお菓子だ(Meal 301 | BEARHOLIC(ベアホリック)・ベアケーキ参照)。

「BEARHOLIC」という個人サイトチックで今ドキな店のネーミング(と書くとまるでおじさんだけど)と雑貨屋さん的なパッケージ、そしてこのクマの人形焼き(ベアケーキ)。ああ、まさにbloggy。ブログで取り上げずにはいられない。もちろん軽く甘くておいしかった。ベアケーキは通販はしておらずイベント限定販売商品とのこと。雑貨好きの女子はBEARHOLICのサイトでイベント情報をチェック。

BEARHOLIC

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

Advertising 2.0 - Google高広氏によるセミナー「ロングテール〜新しい広告の開拓地」

3/14に、大阪産業創造館であったGoogleの高広伯彦氏によるセミナー「ロングテール〜新しい広告の開拓地」のレポート。Googleがロングテール時代にどのような考えで広告を展開しているのか、というお話。資料をもらわなかったので、ノートの走り書きメモから図解を書いてみた。

060314セミナー01

060314セミナー02

これまでは消費者の「Attention」にアピールしていたけれども、これからは「Intention」に対応しなきゃ、というもの。Lean Forwardなユーザーにとっては、検索結果も広告も「有益な情報」である、とGoogleは考えている、と。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

口コミ(クチコミ)が邪魔をする

Amazonである書籍を買おうかどうか迷いつつカートの中にずっと放置しているものがあって、まあそういう書籍やCDやらが40近くカートに長い間入りっぱなしなんだけど、今日改めてその書籍を買おうかなと思ってレジに一旦は進み、でも結局途中でやめてしまった。Amazonのカスタマーレビューが邪魔をするのだ。悪いレビューが並んでいるのではない。むしろ好意的なレビューばかりだ。合計8件のレビューがあって、平均星4つ半。でも、そのレビューが気にかかる。

「ベスト500レビュアー」と「ベスト1000レビュアー」が1人ずつ、それなりに高評価のレビューでどちらも星4つ。それ以外は星5つのレビュアーが5人と星4つのレビュアーが1人。正直に見れば、たぶんいい本だ。正直に見れば。

続きを読む>>
permalink | comments (5) | trackbacks (1) | category: web

track word(トラックワード)経由のアクセスが無視できないレベルになってきた

track wordサイドフィードが提供している「ブロガーのためのSEOツール」track word(トラックワード)経由のアクセス数が、マーケティング的に無視できないレベルになってきた。だいたいユニークユーザーで5%ぐらいがトラックワード経由。今日に限って言えば、現時点で12%ぐらい。ちょっと多い。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

Googleローカルのデータが検索結果の上部に表示されている

いつからかわからないけれど、GoogleローカルのデータがGoogleの検索結果の上部に表示されている。昨晩、家でネットしていてたまたま気がついた。

例えば、Googleで「梅田 スポーツクラブ」と検索すると、検索結果の一番最初はこんな感じになっている。

060206Googleローカル01

この部分は、Googleローカルに登録されているデータが使用されている。で、このGoogleローカルに登録するのは現在は無料なのだ。

ということは、無料で検索結果の上部に表示させることができる(かもしれない)。無料のSEO対策で検索結果の上位に。なんと。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

FeedBurner.jpが始まった

プレスリリースからかなり経ってしまったけれど、FeedBurner.jp(FeedBurner Japan)がやっと始まった。FeedBurnerは、RSSフィードの配信管理システムで、大きな特長のひとつが無料でRSSフィードのトラフィック測定(つまりRSSのアクセス解析)をするというところ。発表によれば、まもなくRSS広告も始まるらしい。

FeedBurner.comでアカウントを持っていたけれど、どうもそれは引き継げないみたい。でも、無料で提供している同レベルのサービスが他にまだ見あたらないと思うので、とりあえず順調にいくのでは?と思うね。一度サービスを利用してしまうと、なかなか他に移ることが難しい性格のサービスだし。

あと、事業を提供するのがGMOアフィリエイトからGMOアドネットワークスという会社に変わっている。設立時は結構大々的に発表したけれど、GMOアフィリエイトはどういう方向に動くのだろう? ちなみに、GMOアドネットワークスは「Web2.0時代の新しいサービスの提供を目的」に設立されたとのこと。ちょうど先日、GMOインターネットの熊谷社長がWeb2.0的ビジネスについてブログで書いていた。

Web2.0の時代で、重要なのは「データベース」を持つことであり、そのポイントを外してはいけません。

【クマガイコム】GMOインターネット社長熊谷正寿のブログです | Web2.0 マッシュアップ時代への警鐘

たしかに、ポイントは外していない。がんばってほしいなと思う。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web