sundaysoundtrack

クリックを必要としないページ遷移(2)

昨日、SAGOOLの絡みでクリックを必要としないページ遷移というエントリーを書いたけど、秋元@サイボウズ研究所プログラマーBlogでJavaScriptで実現しているサイトNo Click Linksが紹介されていた。なるほど、あまり誰もそんなことを考えていなかったけれど、確かに可能だ。ただ、これが氾濫するとクリック詐欺ならぬマウスオーバー詐欺?みたいなサイトが出てきて、うかうかネットサーヒンなんてできなくなってくるなあ。

クリックさせないユーザインタフェースが実用的かどうかはさておき、マウスが横切っただけで背後にいろいろなアクションを起こす、という分野はもっと活用されていいのではと思う。ボタンを押すオン/オフに加えて、押そうかどうかというためらいまで、データとして取ることもできるわけだし。

秋元@サイボウズ研究所プログラマーBlog: ノークリックリンク

「押そうかどうかというためらい」まで分析するようなサイトが現段階でどれだけあるのかはわからないけれど、「インターネット」がもっともっと成熟してくれば、いろいろと評価手法や分析手法が確立されてセオリーなんかも生まれてくるのかもしれない。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

永遠に進化すること - FlickrがBetaからGammaに

Flickrロゴいつの間にかFlickrが「Beta」から「Gamma」になっている。Web2.0的なサービスがこぞって「Beta」をつけて、でそのうち前段階ということで「Alpha」をつけるところも出だして、今度は「Gamma」。ここまでくるとネタですな。

Alpha... Beta... Gamma! - FlickrBlog

いわゆるWeb2.0的なサービスの特徴に「永遠にベータ版」というのがあって、決してマイナスな解釈ではなく「永遠にバージョンアップして進化する」という意味で言われている。それなら最初から「Beta」なんてつけなくてもいいのでは?と思ったりするんだけど、その辺をFlickはちょっと茶化しているのじゃないかなと思う。他のサービスが「Gamma」をつけたりしそうにないしね。さらに「Theta」なんて言い出したら、もう「バージョン4.0」とか言ってたほういいだろうし。

僕のFlickrのスペースもよろしく。写真アップしてるだけだけど。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

クリックを必要としないページ遷移

オモロ検索エンジンSAGOOLというのがチームラボから公開されている。独自の「オモロアルゴリズム」を使って、Googleなどから探しにくくなった「人の主観・興味を反映した検索結果」を抽出するというものらしい。

とても面白いと思ったのが、検索結果のページの最下部に行くと、Ajaxによって次の10件を自動的に表示してくれるというところ。つまり、クリックがいらない。スクロールするだけで、勝手に次のページが付け足されている。

実際、ユーザーには何の負荷も与えていないし、クリックさえしていないので、もしかしたらユーザーは次の10件がさらに付け足されたということに気がつかないかもしれない。「検索エンジンでは多くのユーザーは検索結果の1ページ目しか見ない」という壁を乗り越えようという意気込みもいい。

クリックを必要としないページ遷移としては、ヤマハのDESIGN - YAMAHAという先例があるけれど、こちらは「ナビゲーション部分にマウスオーバーする」というものだった。ボタン操作をクリックからマウスオーバーに置き換えたもので、慣れればなかなか軽快なページ遷移ではあるけれど、ナビゲーションが存在する以上マウスポイントに対する意識はそれほど変わっていないと思う。

SAGOOLは、ユーザーに何も意識させていないという点がいい。もちろん、検索エンジンというシンプルなナビゲーション/ページ遷移しか基本的には必要としないタイプのサイトであるため、このような形が実現できたんだろうけれど、その「さりげなさ」がいい。

参考記事:クリックを必要としないページ遷移(2)

permalink | comments (0) | trackbacks (1) | category: web

その日の「勉強しまっせ度合い」を教えてくれるサカイ引越センター

サカイ引越センター引っ越し業者さんをネットでいくつか調べていたら、サカイ引越センターのサイトにお得な引越カレンダーという面白いページがあった。シーズンによって、引っ越し費用の「勉強してくれる度合い」を視覚化している。背景が赤の日は「赤字覚悟」で、背景がピンクの日は「勉強しまっせ!」だとか。なんか、まさに関西企業。

だからといって、ただ「安い」だけの引っ越し屋さんでもなく、サカイ引越センターの名誉のために説明を付け足しておくと、ISO14001やISO9001を認証取得しています。

まだちゃんと見積もりしてもらっていないので、ここに決めたわけではないですが。

permalink | comments (2) | trackbacks (0) | category: web

サジェスト機能がついた「goo路線」が使いやすい

goo路線東京に移り住むことになり、このところ地図サービスやら路線サービスやらをいろいろと使い倒している。で、「goo路線」に、痒いところに手が届くような素敵な機能が追加されているのに気がついた。乗車駅や降車駅を入力する欄に、「サジェスト機能」がデフォルトで追加されていたのだ。

いやあ、これは素晴らしい。これまでだと、正しい駅名を入れているにもかかわらず次の画面で再度駅名を選択させられたりと、結構鬱陶しかったりしたんだけど、そのストレスがなくなった。調べたら、4/14から追加されているらしい。

普通の検索にはサジェスト機能は僕は必要ないかなと思っているけれど、路線検索サービスにはぴったりの機能だ。辞書サービスなんかにもサジェスト機能があってもいいかもしれない。ほら、正しい漢字や綴りを提示したり。

gooさんもがんばっている。GJ。

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

RSSリーダー・ジプシー

livedoor Reader ロゴ現在使っているRSS(フィード)リーダーはBloglines。でも、「デファクトスタンダード(たぶん)」というのが使っている大きな理由だったりして、これに全く満足しているというわけでもない。ちょっと前までFirefoxの拡張機能Sageを使っていたし、gooのウェブ版の方のRSSリーダーを使っていたりもした(これは今も相方さんと家用で使っている)。FreshReaderは良さそうだなと傍観してみたり、feedpathを試し食いしてみたり。で、スルーするつもりだったlivedoor Readerが「使いやすい」との噂なので触ってみたら、……いいかも。

僕が便利かなと思ったlivedoor Readerの特長は、「ピンを使った記事のまとめ読み」と「レートを使ったFeedの評価」か。「サクサク動く」という点は、現時点では保留。「フォルダのまとめ読み」ができたら、即移行していたかもしれない。

でも、FreshReaderにも便利かつ良いところがあるし、feedpathも何か動きがありそうだし……、もう少し様子を見ることになりそう。

livedoor Reader 人で、一生懸命働いているgifアニメのこの人もいい。「なんかようか?」て。はてなブックマークのコメント欄を見てもわかるけど、久々に「いろいろあっても、やりますね、ライブドア」的なモノを見せられたような感じがする。

続きを読む>>
permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web

東横インの謝罪バナー広告

東横イン バナー広告バナー広告による「謝罪広告」というのに出会った。東横インの広告。サイズはスカイスクレイパー。

新聞の購読者数が減ってきていて、謝罪広告のあり方も変わってくるのかもしれない。ただ、主な目的が「謝罪の告知」であった新聞の謝罪広告と違い、インターネット広告にはその先のランディングページ(とその先のコンバージョン)が存在する。

この東横インの広告の場合、東横インのサイトのトップページにリンクされていた。「謝罪の告知」が目的であれば、本来なら謝罪のメッセージを載せたページにリンクするべきかなと思う。東横インのサイトにも該当するページはあって、フレームを使ったサイトであるためにトップページにリンクせざるを得なかったのかもしれないけれど、なんとなく普通の広告の扱いだなこれは。

東横インのサイトのJavaを使ったスクロール・メッセージには突っ込みたくなるけれど(ふざけているように見えるよこれ)、それを差し置いても、新規オープンのホテルでやっている「サンキュー!ゴメンネ!キャンペーン」という人を食ったようなキャンペーンは、ちょっとどうなんだろう?

permalink | comments (0) | trackbacks (0) | category: web